派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員で働きたい人へ

限られた期間内だけの仕事をしたい場合や、拘束度の低い仕事をしたいと考えている人は、正社員ではなく、派遣社員として働くという方法があります。派遣の仕事の大きな特徴は、雇用するのは派遣会社になるということです。給与の支払いは派遣会社が行うので、正社員などの直接雇用とは根本的に雇用契約が違うことをまずは理解しておきましょう。派遣の求人はどうやって探せば良いのでしょうか。派遣社員になるには、まず、派遣会社に登録をします。登録時に職歴や資格、希望の職種などを書類に書きます。派遣会社は、登録された内容と、企業側からの希望に基づき、条件の合う仕事を紹介します。折り合いがつけば、派遣として働けます。その時にいい派遣の仕事がなかったとしても、条件の合う仕事が見つかれば、派遣会社側から連絡が来ます。自分の希望にあった求人がたくさんありそうな派遣会社に登録することが、効率よく仕事を探すためのポイントとなります。派遣会社はたくさんあり、幅広い職種に対応している会社と専門職に特化した会社があります。希望する職種に応じて、まずは適した派遣会社を見極めて登録することが大切です。どんな仕事がいいという条件がない人なら、広く派遣をしている会社がお勧めです。それぞれの派遣会社がつくっているホームページには、派遣先の企業についての情報が掲載されていますので、目を通してみるといいでしょう。